COMPANY会社案内

安全への取り組み

お客様に確実に商品をお届けするため、弊社では全車輌の運行状況を管理するとともに、
ドライバー一人ひとりの安全意識を向上させ、事故のない配送に日々、努めています。

運転安全マネジメントの取り組み

二本松物流株式会社では、全社員が運送安全の重要性を深く認識し安全を最優先とした計画の作成、実行、チェック、改善のサイクルを活用していく運輸安全マネジメントを実施し、具体的な指針となる安全管理規程を策定し輸送の安全性の向上に努めています。

全社員が高い意識のもと、運行状況のチェックや、車輛の点検などを徹底して行っています。

アルコールチェッカーで飲酒運転の根絶

最高水準のアルコール濃度測定、高精度なアルコールチェッカーで厳正なチェックを実施。
Gマークを取得やIT点呼などにより、飲酒運転による事故に対して企業として、徹底して事故防止に努めています。
オンラインでのリアルタイムに離れた営業所の点呼管理も行います。

出社時はもちろん帰社時にも確認します。(離れた営業所の確認もPCのライブカメラで行います)

デジタルタコグラフを全車両に設置

全車輌にデジタルタコグラフを設置し運行状況を把握。速度超過のほか急ブレーキや急ハンドルなどの危険行為が認められた場合はすみやかに改善し、より安全性の高いドライビングを実現しています。

最新の運行管理システムを導入予定

コンビニ配送車両にドラレコ一体型車載端末のクラウド型運行管理システムを導入予定です。

ポイント
  1. インターネットでどこからでも利用が可能
  2. リアルタイムの動態管理により店着予実管理が可能
  3. ドラレコ映像のダウンロード機能で緊急時の即時状況把握
  4. 車載端末へのメッセージ送信、回答機能

デジタルタコグラフの情報は業務日報として記録され、毎日の運転状況がよくわかります。

ドライブレコーダーを全車両に設置

ドライブレコーダーに内蔵したGセンサが車両の事故や急ブレーキ等の衝撃を感知し、その前後の状況を記録するだけでなく、ビデオレコーダーにセットされた記録媒体に画像を連続して記録。適正な運行や事故の際の解析に役立てています。

運行の状況を動画で記録し、事故前後をしっかり記録。安全運転意識の向上につなげます。

規定速度での走行を徹底

一般道路は法定速度以下、高速道路は時速80km以下の走行で無事故運転、エコドライブの実践を心掛けています。

安全意識を高める取り組みを実施

定期的に開催するセミナーでは、危険予知トレーニング“KYT”やディスカッションなどを実施。また、車輌の点検・整備を常におこない、ドライバーの安全意識向上を図っています。

関連リンク
ISO認証取得

H22度度「安全性優良事業所」認定

(社)全日本トラック協会により、平成22年度「安全性優良事業所」に認定。安全性に対する「法令の遵守状況」「事故や違反の状況」「取組の積極性」の3項目で評価されました。

関連リンク
安全性評価事業